Galaxy Note3 インターネット接続が不安定なため、AP接続を解除・・・と表示されたら。

 

 top

Galaxy Note3 ユーザーです。

週初めの昨日(2015年7月21日)、出社して時間もかなり経過しているのに、スマホを見ると、社内の無線ランに接続されていません。

スマホの「設定」-「Wi-Fi」で確認してみると、Wi-Fiネットワーク名の下に「IPアドレスを取得中」と表示されたまま繋がりません。

その後こういうメッセージが表示されました。

1

「インターネット接続が不安定なため、AP接続を解除」

 

つまり、「ローカルIPアドレスが取得できませんでしたよ」ということですね。

無線ランルーターのAPモードとRTモード

結論から言うと無線ランルーターの設定の問題です(多分・・・)。

社内の私の机上で使用している無線ランルーターには、APモードとRTモードの切り替えスイッチがあります。

そのスイッチがなぜか「RT」モードになっていました。

先日「ネットワークの品質が向上すると・・・・」で触ったのかもしれません。

RTモードとAPモードの違い

RTとは「ルーター」の略です。

インターネットにつなげたいPCが1台しかなくコードでつなぎたい場合は、モデムと直接つなぎますのでルーターはいりません。

でも、1台ではなく複数のPCをつなぎたい場合、欠かせないのがルーターです。

ルーターの役割は、プロバイダーから提供される1つのIPアドレスをローカルIPアドレスに置き換えてそれぞれのPCに振り分ける役割をしています。
ですから1組織(ネットワーク)に、ルーターは1台とします。

私の場合、机上に無線ランルーターがありますが、会社の入り口にHOMEゲートウェイが設置されています。
HOMEゲートウェイはルーターの役割も担いますので、それ以外にルーターは必要ないのに、この無線ランルーターが「ルーター」として働いていました。

プロバイダーから提供される1つのIPアドレスをローカルIPアドレスに置き換えてそれぞれのPCに振り分ける人が二人もいたら、何の相談もできないのでIPアドレスがぐちゃぐちゃになり、プロバイダーまでアクセスできないPCやスマホがいても不思議ではありません。

そこで、私の机上の無線ランルーターを「RT」モードから「AP」モードに切り替えます。

APとは「アクセスポイント」の略です。

アクセスポイントとは、「基地局」とも呼ばれ、無線で電波を発信している機器、或は場所のことを言います。

ルーター機能をオフにすると、ブリッジモード(アクセスポイントモード)とも呼ばれ、ルーター機能のない無線HUBになります。

私が行ったRTモードからAPモードへの切り替えの動作

まずは難しいことを考えず、切り替えスイッチを「AP」へ切り替えようと思います。

その前に、念のため、LANコードと電源アダプターを本体から抜きます。

切り替えスイッチを「RT」から「AP」に切り替えます。

そして20秒から1分くらい待ちます。
「賢い機器は、直前の設定を覚えている」と私の頭が感じているからです。

20秒から1分くらい待ったら、LANコードと電源アダプターをもとの所に差し込みます。

念のためスマホも電源を切り、20秒待ってから再度電源を入れました。

無事、Wi-Fiに接続されています。

ネットで調べてみると、WANポートからLANポートに差し替えて・・・とか書いてありましたが、WANポートのままでもつながりました。

今回も結果オーライということで・・・!ちゃんちゃん!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket