WordPressサイトアドレス設定後のトラブル対処法 

   2015/04/28

WordPressは、管理画面で「WordPressのアドレス(URL)」とは別のディレクトリーに「サイトのアドレス(URL)」を設定することができる。

ただし、設定手順を少しでも間違えると、管理画面にアクセスすることができなくなるので、要注意!

もし、管理画面にアクセスできなくなった場合の対処法を記録しておこう!

(きっと、また同じことをするだろうから・・・)

もし、設定の際にweb-config.php ファイルをルートディレクトリ(サイトのアドレス)に移動していた場合には、元のディレクトリーに戻す。

その際、管理画面で変更してしまった二つのURLを元に戻すために、このweb-config.php ファイル内に変更前のURLを記述しておく。

例えば、このサイトの場合だと

define(‘WP_SITEURL’, ‘http://mellchile.com/wp’);
define(‘WP_HOME’, ‘http://mellchile.com/wp’);

を記述する。

これで、管理画面にアクセスできる。

そして、もう一度「WordPressのアドレス(URL)」と「サイトのアドレス(URL)」を設定し直す。

実は今、管理画面にアクセスできてホッとしている(^_^;)

今度は、ちゃんと手順どおりに設定しないと・・・。

まあ、このトラブルの対処法がわかったから、安心して設定し直せる(*^_^*)

※注意:web-config.php ファイルを編集するテキストエディタにご注意ください。

Windows のメモ帳(Notepad)は、「UTF-8 BOM あり」でしか保存できないため不可です。

リッチテキストエディタやワープロソフトの類 は、 バイナリファイルとなるため不可です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す